兵法365日

昔の戦上手は、
戦争には莫大な資金や軍需物資が必要である事を知っています。

目的を達成するのに長時間を要しては、
こちらの出費も増大していく事を知っています。

目的を達成しても、出費が大きければ国家の弱体化を招きます。
だから昔の戦上手は常に短期収束を心掛けました。

現代のビジネス社会においても「仕事を早く処理する事」は極めて重要です。

個々の能力開発はもちろんですが、
無駄を徹底的に省いた業務の流れの構築が、作業効率を向上させ、
納期を短縮し、残業を減らし、諸経費の削減に繋がるのであれば、

時には人材や設備の投資は必要ですが、
それが職員の過労を防ぎ、モチベーションをキープさせ、
商品やサービスの質の向上に繋がるのであれば、

それはリーダーが取り組むべき重大なテーマです。

もちろん言葉で言うほど簡単なテーマではないですが、

全力で取り組む価値のあるテーマです。

【孫子(始計篇)より】

どうしてこの人は自分と違う意見を言うのだろう、、、?

よくある事だと思います。

性別や年齢、生まれた地域、文化、宗教、家庭環境などなど、
その人の思考基準を形成する要因は様々です。

そういった言わば人生の背景を理解する事は難しいかも知れませんが、
その人が置かれている「立場」がどういうものかを観察する事は大切です。
立場が変われば、人の意見や考え方もがらりと変わったりするものですから。

こんな経験ありませんか?
同僚が部署異動した途端にまるで「敵か!」というくらい別人になったり、、、
その逆も然り、、、

相手の立場を理解しろとは言いません。

ただ、立場が人の思考や意見に大いに作用する、、、という事は
理解しておいた方が良いでしょう。

【孟子(離婁章下)より】

私の経験上の話しですが、
すごく威圧的に上から話してきてこちらには喋らせない、
何故なら、実は内心では反対されるのが怖くてビクビクしているからなんです。
〇〇人に多いんですよね~

逆も然り…
何かを企んでいる時ほど、目立たない行動を心掛けるものです。

内心と態度は必ずしも一致しない、
むしろ実は一致しない方が多いかも知れません。

相手のペースに乗らず、よく観察することです。

学生の頃、
国士無双をテンパって、急に一言も喋らなくなったヤツがいましたよ。
ちょっと違うか…

まあ、先にリーチドラ×1でロンしてやりましたけどね…


【孫子(行軍篇)より】

遠い未来の成功に想いを巡らすことは楽しいですが、
それによって目の前の課題をなおざりにしてはいけません。

長期、中期、短期計画をしっかり立て、
臨機応変に対処して初めて、未来の成功を手にすることが出来るのです。

短期計画なんて、未来の成功に比べたら、そりゃつまらないものですよ。

短期計画は中期計画の下拵えで、
中期計画は長期計画の下拵えなのですから…

まあ、美味い料理を口にするには、
何よりも下拵えが大切だということです。


【三略(下略)より】

もし私が神様だったら…

まあ、一生懸命に頑張っているヤツを助けてあげたいですけどね。

神様にお願いする前に、自分で出来る事はまだあるでしょう。
スピリチュアルに走る前に、やれる事はまだあるでしょう。

人事を尽くして天命を待つ、とはよく言いますが、

天命を待つ必要などありません。
ただただ、人事を尽くすのみです。


【尉繚子(天官篇)より】

兵法書ではないのですが…
このままいくと、最後のほうでネタに困る事が確実なわけで…

とりあえず「市場を見ろ!」という事です。

どのような商品が出回っているか?
売れ筋商品はなにか?

市場をよく観察すれば、人々が何を求めているのか、滞在ニーズは何か、といった事が見えてくるはすです。

良いものを作っても、市場が見向きもしなければ、
それって自己満足で終わっちゃいますよね。

ん?市場が俺について来ていないだけだって?
その感覚、個人的には嫌いじゃないですけどね…

でないとこんなブログ、書けないよな~


【管子(乗馬篇)より】

自分のミスは棚に上げて、他人のミスは執拗に攻め立てる…
これでは人から信用されません。

それが組織の上に立つ者なら猶更です。
自分は上の人間だから賞は受けるが罰は受けない…
これだと部下は誰もついて来ません。

何かを課す時は、上司自らが率先して課されることによって、
部下は組織の一員であることに誇りと責任を持つのです。

そこのあなた!権限を使って隠してるようですけど、
実際、下から上って意外とよく見えるものですよ。


【六韜(文韜の巻:国務篇)より】

結果には必ず原因があります。

自分に有利な結果を得たければ、自分に有利な原因があれば良いのです。
さらにその原因が多ければ多いほど良いでしょう。

原因には、予期しない偶発的なものもあれば、
自分で綿密に準備できるものもあります。

自分に有利な原因をたくさん準備し、
取り巻く状況が自分に有利だと判断できれば、まさに好機です。

逆に自分に有利な原因が見当たらない場合…

動かないですか?いえいえ、準備に専念することです。


【孫子(始計篇)より】

ある時…

社長以下、主だった者たちで会議が開かれました。
その際、一番すぐれた意見を言ったのは社長でした。

ある社長は、その事実を大いに喜び満足しました。
ある社長は、その事実を嘆き悲しみ落胆しました。

あなたはどちらの会社に将来性を感じますか?

まあ、ちょとした小話ということで…


【呉子(図国篇)より】

必要なものを準備するために労力を惜しまないことはもちろん大切です。
ですが、その方法は本当に正しい方法でしょうか?

深い知識を有するために時間をかけて勉強することはもちろん大切です。
ですが、その方法は本当に正しい方法でしょうか?

頑張っている自分を正当化して、
実は時間や労力をムダ遣いしている自分を無視してはいけません。

持っている人に借りる、知っている人に手伝ってもらう…

目的を達成する方法は様々でありますが、
はたしてその方法があなたに一番合っているでしょうか?

損失の中でもムダというものは、
自分でコントロール出来るのですから…


【孫子(作戦篇)より】

このページのトップヘ