兵法365日

タグ:古典

昔の戦上手は、
戦争には莫大な資金や軍需物資が必要である事を知っています。

目的を達成するのに長時間を要しては、
こちらの出費も増大していく事を知っています。

目的を達成しても、出費が大きければ国家の弱体化を招きます。
だから昔の戦上手は常に短期収束を心掛けました。

現代のビジネス社会においても「仕事を早く処理する事」は極めて重要です。

個々の能力開発はもちろんですが、
無駄を徹底的に省いた業務の流れの構築が、作業効率を向上させ、
納期を短縮し、残業を減らし、諸経費の削減に繋がるのであれば、

時には人材や設備の投資は必要ですが、
それが職員の過労を防ぎ、モチベーションをキープさせ、
商品やサービスの質の向上に繋がるのであれば、

それはリーダーが取り組むべき重大なテーマです。

もちろん言葉で言うほど簡単なテーマではないですが、

全力で取り組む価値のあるテーマです。

【孫子(始計篇)より】

どうしてこの人は自分と違う意見を言うのだろう、、、?

よくある事だと思います。

性別や年齢、生まれた地域、文化、宗教、家庭環境などなど、
その人の思考基準を形成する要因は様々です。

そういった言わば人生の背景を理解する事は難しいかも知れませんが、
その人が置かれている「立場」がどういうものかを観察する事は大切です。
立場が変われば、人の意見や考え方もがらりと変わったりするものですから。

こんな経験ありませんか?
同僚が部署異動した途端にまるで「敵か!」というくらい別人になったり、、、
その逆も然り、、、

相手の立場を理解しろとは言いません。

ただ、立場が人の思考や意見に大いに作用する、、、という事は
理解しておいた方が良いでしょう。

【孟子(離婁章下)より】

私の経験上の話しですが、
すごく威圧的に上から話してきてこちらには喋らせない、
何故なら、実は内心では反対されるのが怖くてビクビクしているからなんです。
〇〇人に多いんですよね~

逆も然り…
何かを企んでいる時ほど、目立たない行動を心掛けるものです。

内心と態度は必ずしも一致しない、
むしろ実は一致しない方が多いかも知れません。

相手のペースに乗らず、よく観察することです。

学生の頃、
国士無双をテンパって、急に一言も喋らなくなったヤツがいましたよ。
ちょっと違うか…

まあ、先にリーチドラ×1でロンしてやりましたけどね…


【孫子(行軍篇)より】

遠い未来の成功に想いを巡らすことは楽しいですが、
それによって目の前の課題をなおざりにしてはいけません。

長期、中期、短期計画をしっかり立て、
臨機応変に対処して初めて、未来の成功を手にすることが出来るのです。

短期計画なんて、未来の成功に比べたら、そりゃつまらないものですよ。

短期計画は中期計画の下拵えで、
中期計画は長期計画の下拵えなのですから…

まあ、美味い料理を口にするには、
何よりも下拵えが大切だということです。


【三略(下略)より】

もし私が神様だったら…

まあ、一生懸命に頑張っているヤツを助けてあげたいですけどね。

神様にお願いする前に、自分で出来る事はまだあるでしょう。
スピリチュアルに走る前に、やれる事はまだあるでしょう。

人事を尽くして天命を待つ、とはよく言いますが、

天命を待つ必要などありません。
ただただ、人事を尽くすのみです。


【尉繚子(天官篇)より】

このページのトップヘ