兵法365日

タグ:呉子

信賞必罰、、、

頑張って成果をあげれば賞され、
怠けて悪事を働けば罰せられる、、、

部下の立場からそれを見た時、
それが必ず約束されるという、組織との間に信用・信頼があるからこそ、
人は業務に対し、真摯に向き合い全力で挑めるのです。

組織の長は、
部下にそういった信用・信頼を持たせなければなりません。

その為には、
必ず罰し、必ず賞する、、、
粛々と断行することです。


【呉子(治兵篇)より】

ある時…

社長以下、主だった者たちで会議が開かれました。
その際、一番すぐれた意見を言ったのは社長でした。

ある社長は、その事実を大いに喜び満足しました。
ある社長は、その事実を嘆き悲しみ落胆しました。

あなたはどちらの会社に将来性を感じますか?

まあ、ちょとした小話ということで…


【呉子(図国篇)より】

このページのトップヘ