兵法365日

タグ:管子

信賞必罰、、、

規模の大小を問わず、
組織の長が最初に「我が組織はかくありたい」と
思い描くものの一つです。

そして、そう思うのならば、
必ず罰し、必ず賞することです。

罰しなければ、組織は緩む一方であり、
賞しなければ、部下はやる気を失くします。
絵に描いた餅では、組織は強くならないのです。

真の長とは、
粛々と断行する者です。


【管子(法法篇)より】

兵法書ではないのですが…
このままいくと、最後のほうでネタに困る事が確実なわけで…

とりあえず「市場を見ろ!」という事です。

どのような商品が出回っているか?
売れ筋商品はなにか?

市場をよく観察すれば、人々が何を求めているのか、滞在ニーズは何か、といった事が見えてくるはすです。

良いものを作っても、市場が見向きもしなければ、
それって自己満足で終わっちゃいますよね。

ん?市場が俺について来ていないだけだって?
その感覚、個人的には嫌いじゃないですけどね…

でないとこんなブログ、書けないよな~


【管子(乗馬篇)より】

このページのトップヘ